2013年
6月
6日
|
00:00
Asia/Tokyo

ビジネスシーンにおける贈り物の『奇妙な?』国際事情

【2013年6月6日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、このたび、ビジネスシーンの贈り物に関するグローバル調査を実施し、世界90ヶ国、26,000人から回答を得ました。本調査からは、ビジネスマンが受取る贈り物に、各国の特色、価値観が非常に良く出ていることが明らかになりました。以下に、受け取った特徴ある贈り物の主だったものを、主要国別に紹介します。一見、奇妙と見える贈り物であっても国や文化によっては珍重されるようです。

なお、本調査からは、約7割の回答者が顧客に贈り物を贈っていることも分かりました。また、約3分の1に当たる回答者が昨年と比較すると贈り物にお金をかけていないことも浮き彫りになりました。リージャスは今後もワークプレイス環境の変化について、様々な側面から調査を継続していきます。また、こうして収集した情報、培った経験などは顧客企業が海外進出する際、ビジネスに関する文化、慣習などについてのサポートに役立てます。以上リージャスについてリージャスグループは、先進的ワークプレイス・ソリューションを提供する世界最大の企業です。設備を完備したオフィスから、貸し会議室、テレワークに適したビジネスラウンジ、さらに世界最大級のテレビ会議スタジオのネットワークまで幅広い設備やサービスを提供し、自宅、外出先、あるいはオフィスのいずれの場所からでも働くことのできる新しい方法を提供します。グーグル、グラクソ・スミスクライン、ノキアなどの世界的な大企業から中小企業までが利用者で、オフィスや仕事場をリージャスにアウトソーシングすることにより、本業のビジネスに注力できる体制を整えています。100カ国、600都市の1,500拠点にわたるリージャスの施設を利用する顧客は、毎日130万人以上にのぼり、個人や企業はいつでも、どこでも、またどのようにでも仕事をすることができます。 リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細はwww.regus.co.jp を参照下さい。■ 一般の方からのお問い合わせ先日本リージャス株式会社Tel:0120-303-544 E-mail:info.japan@regus.com■ 報道関係者からのお問い合わせ先株式会社トレイントラックス(日本リージャス株式会社 広報担当)担当者:小牧 圭市、眞島 健太Tel:03-5738-4177 Fax:03-5738-4178 E-mail:regus@traintracks.jp

日本

米国

英国

中国

インド

ヒレ酒・骨酒

安産・多産を祭る人形

ガラクタの袋詰め

金塊

死んだ蛇

レーザーポインター

ヴィンテージの拳銃

ラクダ用の鞍

電子レンジ

化石

純金の名刺

頭痛薬

救急搬送用のストレッチャーのような物

新鮮なハーブ

スピリチュアルな癒しがあるビーズのネックレス

オーダーメードスーツ

ウールのソックス

調理された蛇

健康飲料

金メッキで作られたトランプ

乾燥梅干し

木製のオウム

短刀

アフリカの民族衣装「ブーブー」

炊事用具

プレミア日本酒

カンガルーの睾丸

卵のピクルスの瓶詰め

宝くじ

ラクダのミルク(一瓶)

ミサイルの破片

LEGOで作られた金鉱

卓上ゴルフキット

タオル

非常ボタン

ドアストッパー

お面

ベッドシーツ

ウィンドブレーカー

ヘナタトゥー

毛皮の帽子

3Dプリンター

孫の手

フィギュア

手の消毒用ローション

ニワトリの飼い方が書かれた本

高級な食肉加工品

空き缶でできたミニチュアの三輪タクシー