2017年
8月
29日
|
15:00
Asia/Tokyo

リージャス、全国113拠点の入居者と 合同でのチャリティ活動を開始

~陸前高田市立図書館支援のため、リージャスセンターで古本の寄付を受付~

世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、東日本大震災からの復興支援活動として、全国113拠点の入居者と協力して陸前高田市立図書館を支援すべく、9月22日(金)まで、全国のリージャスセンターで古本の寄付受付を行っています。

今回当社では、全国のリージャスセンターにて、リージャスのご入居者様、ご利用者様、関連企業、リージャススタッフ、さらに一般の方からの古本の提供受付を行います。皆様からご提供いただいた本は、支援団体を通じて陸前高田市立図書館の再建に役立てられます。

陸前高田市立図書館は、東日本大震災で全壊となり、約8万冊あった蔵書もすべて津波で流出しました。その後、移動図書館や仮設図書館を経て、この度7月20日に本施設が開館し、利用開始から1カ月以上経過した現在、来館者は2万人を超え、地域のコミュニティの場所として利用されています。しかしながら、新書購入などの再建資金まだまだ不足している状況で、今後も支援が必要とされています。

当社は、レンタルオフィス、コワーキングスペースの提供によって、企業と企業の新たなコミュニティ形成を推進しています。リージャス・グループは、陸前高田市立図書館に多くの人が集まり、たくさんのコミュニティが生まれる場となることを願っています。

【実施概要】

・提供期間:2017年9月22日(金)まで

・受付場所:全国のリージャスセンター

・内 容:古本を全国のリージャスセンターの受付スタッフへお持ちください。

皆様からお預かりした本は、支援団体を通じて陸前高田市立図書館の再建に役立てられます。

 

リージャス・グループについて

リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界100カ国以上1,000都市超える地域、3,000拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。

リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。

リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ

リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国24都市、113拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。

※1オープンが決定している拠点数は全国24都市、114拠点となります。

最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/を参照下さい。

センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/の送信フォームからお送りください。

リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。

公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

共通記事

報道関係者からのお問い合わせ先

共同ピーアール株式会社 リージャス・グループ広報担当:吉川、伊藤、上段、村田

Tel:03-3571-5258 Fax:03-3574-0316 E-mail:regus-pr@kyodo-pr.co.jp

掲載に際する読者お問い合わせ先

リージャス・グループ Tel:0120-965-412 E-mail:info.asia@regus.com