2017年
6月
21日
|
11:00
Asia/Tokyo

働く場所に対する新たな価値観と迫られる企業側の対応

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進によって フレキシブルな働き方を求める声が増えていると、ビジネスパーソンの60%が回答

ニーズに後押しされる形で日本の労働環境に変化が起きています。日本で働く人の2/3に近い割合の人たち(60%)が、企業が成長するためにはフレキシブルな働き方が必要だと考えているようです。この数字は、少なくとも、日本のビジネスパーソンがワーク・ライフ・バランスに対して一層の充実を求めていることが一因と考えられます。そうすることにより、通勤時間を減らしてリラックスする時間を増やし、レジャーや大切な人のためにより多くの時間が使えるためです。

フレキシブルな働き方に対する最近のニーズの高まりについて、背景をより詳しく把握するために、リージャス・グループは、日本全国のビジネスパーソン900人を対象に調査を実施しました。この調査を通じて、日本のビジネスパーソンは、自身の業界においてコンサルタント業(13%)やフリーランス業(10%)の人たちが増加しており、その増加に伴って、フレキシブルなワークプレイスのニーズが高まってくると感じているという、興味深い結果が明らかになりました。また、働く時間や場所を自由に選びたいと考える人が増加しており、ひいては自身の職場に対するニーズに直接影響してくるのではないかということを感じていることを示しています。

おもな調査結果

  • パートタイム労働者の増加が注目されていることがわかりました。これは、労働者がより良い仕事を達成しようとしている1つの方法である可能性がある一方で、愛する人や他の活動にもっと多くの時間を費やし、より大きな個人的な幸福を達成することの価値観も高まっていることの表れであると考えられています。
  • 今後、年金受給可能な年齢を超えても働き続ける、高齢労働者が増加してくるだろうと13%のビジネスマンが予測しています。
  • 出産後に職場復帰する母親は、家族の要求を抱えながら仕事の世界に留まっているため、働く環境の改善に対する意識が高く、より多くのモバイル作業を要求する傾向があるということを、女性の職場復帰についてモニタリングしている企業(6%)が指摘しています。

日本リージャスのカントリーマネージャーである西岡真吾は次のように述べています。「労働に対する世界的なニーズの変化によって働き方も大きく変化している可能性があります。より高い自由度と柔軟性を求めるビジネスパーソンが増加していることは、フレキシブルな働き方が普及する明らかな要因になっています。市販のテクノロジーを組み合わせれば、フレキシブルな働き方の実現は可能です。このような環境の中、従業員の大きな幸せにつながるよう、企業側も進化して、より迅速に対応することは驚くことではありません」。

「例えばミレニアル世代は、インターネットを利用することに慣れているので、ビジネスラウンジやコワーキングスペース、短期利用のレンタルオフィスを活用したり、ビジネスセンターに立ち寄ったりなど、自分たちの好きな場所で業務を行う方法を探していることに驚きはありません。働く人たちのニーズは変化しているので、それに対応して進化するのも企業側次第です」。

リージャス・グループについて

リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界100カ国以上1,000都市超える地域、3,000拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。

リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。

リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、スイスに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ

日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブラ ンドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営してい ます。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。 現在、全国24都市、110拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠 点としてご活用いただいております。

※1オープンが決定している拠点数は全国24都市、114拠点となります。(当リリース配信日現在)

最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/を参照下さい。

センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_02PR/の送信フォームからお送りください。

リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。

公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

共通記事

報道関係者からのお問い合わせ先

共同ピーアール株式会社 リージャス・グループ広報担当:伊藤、上段、吉川、村田

Tel:03-3571-5258 Fax:03-3574-0316 E-mail:regus-pr@kyodo-pr.co.jp

掲載に際する読者お問い合わせ先

リージャス・グループ Tel:0120-965-412 E-mail:info.asia@regus.com