お問合せ
一般の方からのお問合せ リージャスグループ
0120-303-544
報道関係者からのお問い合わせ先 共同ピーアール株式会社 (川島、上段、吉川、村田)
03-3571-5326
このリリースをシェア
シェア先: Twitter
シェア先: Facebook
シェア先: LinkedIn
最新ニュース
2016年
2月
24日
|
11:00
Asia/Tokyo

リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表 第七弾

共同のワークスペースは起業時の成功率を高める一方、プライバシー面に課題

世界106カ国、2,600拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループの日本法人、日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役カントリーマネージャー: 西岡 真吾)は、100カ国以上合計約44,000人のビジネスマンを対象にオフィスやワークスタイルに関する調査を実施いたしました。

■共同ワークスペースは、起業家にとってビジネスチャンスや異業種コミュニケーションにプラス

今回の調査結果によると、共同ワークスペースを利用する理由として最も多かった回答は、「同じような考えを持つ社外のビジネスマンと知り合うことができる」(82%)で、次いで「他の人と関わりを持つことができる」(80%)であることが明らかになりました。

■プライバシー面とワーク環境整備に課題

今回の調査の結果で、創造的な共同のワークスペースは起業時に役立つ一方、プライバシーと環境面においては改善の余地があることも明らかになりました。また、固定オフィスと比較した場合、共同ワークスペースの方が、コストパフォーマンスが高いと考えている企業は79%にのぼることもわかりました。

共同ワークスペースでの勤務により、起業家は柔軟なワークスタイルで勤務できるだけでなく、在宅勤務時に感じがちな孤立感を感じることなくオフィス(共同ワークスペース)に行くことができます。しかし、76%の回答者は、共同ワークスペースの環境は顧客との打ち合わせには適切ではない場合があると感じています。75%は「プライバシー面でリスクがある」、59%は「会議スペースの環境が整っていない」と回答しており、企業は、共同ワークスペースで効果的に仕事を行うためには、よりしっかりとした環境が必要であると感じています。

主な調査結果:

  • 起業家の回答者の74%は、共同ワークスペースは「他の起業家と知り合う理想的な環境」であると考えており、全回答者の74%は「起業に理想的な環境」であると回答しています。
  • 他のメリットとして、回答者の69%が「刺激を受けることができる」、62%が「スキル維持の励みになる」と回答しています。
  • 共同ワークスペースは新しいアイデアや起業に理想的である一方で、回答者は、現状よりもプロフェッショナルなワークスペースが必要な場合があると回答しています。例えば、回答者の76%は、顧客との打ち合わせには、現状よりも更にしっかりとした環境が必要である場合が多いと感じています。

リージャスの広報担当者は、次のようにコメントしています。「企業はリモートワーク=在宅勤務と解釈しがちですが、在宅勤務はプロフェッショナルな印象をあまり与えない上に、孤立感につながることが多々あります。共同ワークスペースを利用すれば、同僚ではなくとも他者と隣り合わせで仕事ができ、孤立感を感じることはありません。これにより、極めて重要である顧客との関係が築くことができます。資金繰りに苦労する起業時だけでなく、より多くの合併企業が、コストパフォーマンスの高いソリューションとして共同ワークスペースに目を向けています。しかし、企業は、顧客との重要な打ち合わせにはきちんとした会議スペースが必要であり、プライバシーを守る必要がある点を理解しなければなりません。共同ワークスペースは多くの利点がある一方で、機密情報が含まれる仕事を行うことができるよう、よりプロフェッショナルなスペースとなる必要があります」。

リージャス・グループのサービスについて

■レンタルオフィス:

主要駅のハイグレードビル内に快適なオフィス環境を提供しています。敷金・礼金が不要で事務機器なども完備されており、初期投資にかかるコストや時間を大幅に削減できます。オフィス開設後即入居が可能で、利用期間は1カ月から、1人部屋から100人用、共用オフィスまで豊富なプランを利用可能です。

■バーチャルオフィス(電話秘書+宅配物受け取り代行):

ビジネス一等地の適切な場所をビジネスアドレスとして利用可能です。また、専用の電話番号をお渡しし、お客様の社名で応対します。新たな市場進出時に仕事の拠点が必要になった時、電話応対や郵便物の取り扱いをアウトソースしたい時に最適なサービスです。

■ビジネスワールド(メンバーシッププログラム):

世界2,600拠点あるリージャスのビジネスセンターのどこでも、IT環境の整ったプライベートオフィス、ビジネスラウンジ、カフェを利用できるメンバーシッププログラムです。出張先や外出先など世界各地に拠点を持つことができます。

■会議室:

世界2,600拠点、日本国内では主要都市の駅近くビル60拠点以上に、最新の会議用設備を備えた貸し会議室を用意。少人数の研修・会議から最大120名の研修・セミナールームまで、必要に応じて利用可能です。

リージャス・グループについて

リージャス・グループは先進的なワークスペースを提供する世界最大の企業で、利用者は、様々な業界で成功を収める企業家、起業家、個人事業者、大企業に及びます。

世界106カ国、2,600拠点に及ぶリージャス・グループのネットワークは、世界の主要都市で約400万㎡を網羅し、快適で上質なフルサービスのワーキングスペースを数分の作業から数年にわたる業務に提供しています。Google、東芝、グラクソ・スミスクラインなどの企業は、世界中で成長を続ける中、柔軟な働き方とさらなる飛躍のためにリージャスを活用しています。柔軟な働き方の鍵を握るのは利便性であるため、リージャスは都心、郊外、ショッピングセンター、小売店、駅、大学、高速道路のサービスステーション、コミュニティセンターなど、210万人の会員がサポートを必要とするあらゆる場所でワークスペースを提供しています。リージャス・グループはリージャス、リージャス・エクスプレス、シグネチャーグループ、オープンオフィス、Spaces、Koraを傘下に置き、従来型のオフィスから、活気あふれる独創的な環境でクリエイティブな考え方や共同制作を助長する企業まで、あらゆるビジネスのニーズにお応えします。

リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ルクセンブルグに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ

日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。現在、全国約90拠点、約20都市にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。

最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/を参照下さい。

センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/の送信フォームからお送りください。

リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。

公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

共通記事

報道関係者からのお問い合わせ先

共同ピーアール株式会社 リージャス・グループ広報担当:吉川、上段、川島、村田

Tel:03-3571-5258 Fax:03-3574-0316 E-mail:regus-pr@kyodo-pr.co.jp

掲載に際する読者お問い合わせ先

Tel:0120-303-544 E-mail:info.asia@regus.com