お問合せ
一般の方からのお問合せ リージャスグループ
0120-303-544
報道関係者からのお問い合わせ先 共同ピーアール株式会社 (川島、上段、吉川、村田)
03-3571-5326
このリリースをシェア
シェア先: Twitter
シェア先: Facebook
シェア先: LinkedIn
最新ニュース
2016年
6月
16日
|
15:00
Asia/Tokyo

リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表 第十弾

ビジネスマンの約2/3が 「コワーキングはワークライフバランスを保つために重要」と回答 コワーキングはワークライフバランスの向上とストレスの軽減につながる

世界106カ国977都市、2,800拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(ルクセンブルク)は、100カ国以上、合計約40,000人のビジネスマンを対象にレンタルオフィスとコワーキングスペースに関する調査を2016年上半期に実施いたしました。

リージャスが今回行った調査によると、世界各国の回答を合わせた平均では約2/3にあたる66%が、日本では世界平均を上回る68%の回答者が、「コワーキングという働き方はワークライフバランスを向上させ、プライベートと仕事を両立させることができる」と回答しました。

コワーキングは、仕事場所を自由に変えることができ、外出先でも仕事をすることが可能となります。今回の調査では、ビジネス環境にコワーキングという働き方を取り入れた方が一般的なオフィスで働くよりも心地よいという回答も得ることができました。

また、コワーキングが果たす役割について尋ねたところ、「在宅ワーカーが活用することで孤独感の解消につながる」と回答した人は世界平均の84%(日本の回答者の83%)、「家にこもりきりにならず、健康的に仕事ができる」と回答した人は世界平均の54%(日本の回答者の68%)という結果が得られました。

主な調査結果:

  • 世界で活躍するビジネスマンの半数以上にあたる53%(日本の回答者の54%)が、「コワーキングはストレスの軽減につながる」と回答しました。
  • 世界平均の72%(日本の回答者の66%)が、「よりよいビジネス環境のために働く場所を選べることはストレスの軽減につながり、コワーキングスペースを活用している人は広い人脈を持つことができる」と回答しました。
  • 世界平均の76%(日本の回答者の76%)が、コワーキングスペースは、「カフェや自宅などの一般的なスペースに比べ、テクノロジー環境を利用しやすい」と回答しました。
  • 世界平均の70%(日本の回答者の73%)が、「コワーキングスペースのネット環境は安定しており、在宅での業務で抱えるネット環境の問題が解消できる」と回答しました。

日本リージャス株式会社の代表取締役カントリーマネージャーの西岡 真吾は次のように述べています。「コワーキングという働き方は、起業したばかりの会社や自営業者だけでなく、さまざまな企業に活用されています。よりフレキシブルな働き方を求める企業が増え、社員もリラックスでき、連帯感のある雰囲気のコワーキングスペースを利用する傾向にあるのです」。

「コワーキングを通して働く場所を自由に選べ、通勤や移動時間の無駄を減らすことができます。同時に、ワークライフバランスを保つための選択肢が大きく広がります。さらに、コワーキングスペースが交流の場になることも大きなメリットの一つです。世界で活躍するビジネスマンは、コワーキングスペースが様々な業種と交流しながら仕事のできる理想の環境と考えているようです。現在、在宅で仕事をする人にとっては、コワーキングはテクノロジーを有効に活用しながら、マンネリ化した業務環境から抜け出せるため、最も大きなメリットとして感じることができるでしょう」。

リージャス・グループのサービスについて

■レンタルオフィス:

主要駅のハイグレードビル内に快適なオフィス環境を提供しています。敷金・礼金が不要で事務機器なども完備されており、初期投資にかかるコストや時間を大幅に削減できます。オフィス開設後即入居が可能で、利用期間は1カ月から、1人部屋から100人用、共用オフィスまで豊富なプランを利用可能です。

■バーチャルオフィス(電話秘書+宅配物受け取り代行):

ビジネス一等地の適切な場所をビジネスアドレスとして利用可能です。また、専用の電話番号をお渡しし、お客様の社名で応対します。新たな市場進出時に仕事の拠点が必要になった時、電話応対や郵便物の取り扱いをアウトソースしたい時に最適なサービスです。

■ビジネスワールド(メンバーシッププログラム):

世界2,800拠点あるリージャスのビジネスセンターのどこでも、IT環境の整ったプライベートオフィス、ビジネスラウンジ、カフェを利用できるメンバーシッププログラムです。出張先や外出先など世界各地に拠点を持つことができます。

■会議室:

世界2,800拠点、日本国内では主要都市の駅近くビル60拠点以上に、最新の会議用設備を備えた貸し会議室を用意。少人数の研修・会議から最大120名の研修・セミナールームまで、必要に応じて利用可能です。

リージャス・グループについて

リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界106カ国977都市、2,800拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。

リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。

リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ルクセンブルグに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ

日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。現在、全国21都市、約100拠点にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。

最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/を参照下さい。

センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/の送信フォームからお送りください。

リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。

公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。

共通記事

報道関係者からのお問い合わせ先

共同ピーアール株式会社 リージャス・グループ広報担当:上段、吉川、村田

Tel:03-3571-5258 Fax:03-3574-0316 E-mail:regus-pr@kyodo-pr.co.jp

掲載に際する読者お問い合わせ先

リージャス・グループ Tel:0120-303-544 E-mail:info.asia@regus.com