Maputo,
2014年
7月
3日
|
09:00
Asia/Tokyo

Regus backs business growth in Mozambique

Global network facilitates business success in 104 countries

mozambiquenewcountry.jpg

Regus, the global workspace provider, has opened its first business centre in Mozambique, at Edificio Millennium Park in Maputo. The launch will help companies of all sizes to operate in one of Africa’s fastest-growing economies.

Regus now supports businesses in 19 countries in Africa, following the opening in “high-opportunity”[1] Mozambique and recent launches in Botswana and Namibia. Globally, its network now covers 104 countries.

Over the past decade, Mozambique has delivered average GDP growth of 6-8%, and this is expected to accelerate in 2014, stimulated by investment in mining, transport, construction and financial services.[2] Regus’ arrival will allow companies to explore the opportunities, without upfront capital investment or long-term leases.

Mark Dixon, CEO Regus plc comments “President Obama believes that sub-Saharan Africa can be the world’s next major economic success story.[3] Regus’ expansion in Africa helps our customers be part of that story. Our launch in Mozambique opens the door to an economy with vast natural resources and great opportunities for infrastructure development.

“Both local and international companies will benefit from the assistance, facilities, products and networking opportunities Regus’ presence in Maputo offers them. By facilitating FDI and helping local entrepreneurs, Regus will also support economic development in Mozambique and southern Africa.”

Dr. João Martins, Managing Partner of PWC Mozambique adds “Mozambique is receptive to foreign investment and we are delighted that Regus recognises the excellent business opportunities here. We hope Regus’ impressive business facilities in Maputo will back the growth of local companies and encourage other companies to enter the market.”

About the centre

Regus has chosen the Edificio Millennium Park for its first location in Mozambique, just ten minutes from the airport, and with banks, restaurants and cafes on the ground floor. The Regus centre offers international-standard workspace, meeting rooms and videoconferencing studio.


[1] Ernst & Young, ‘Doing Business in Africa’, 2013.

[2] African Economic Outlook, ‘Mozambique’; IMF, ‘Press release 14/99’, 14 March 2014.

[3] The White House, ‘US strategy toward sub-Saharan Africa’, June 2012.

共通記事

リージャス・グループのサービスについて

■レンタルオフィス:

主要駅のハイグレードビル内に快適なオフィス環境を提供しています。敷金・礼金が不要で事務機器なども完備されており、初期投資にかかるコストや時間を大幅に削減できます。オフィス開設後即入居が可能で、利用期間は1カ月から、1人部屋から100人用、共用オフィスまで豊富なプランを利用可能です。

■バーチャルオフィス(電話秘書+宅配物受け取り代行):

ビジネス一等地の適切な場所をビジネスアドレスとして利用可能です。また、専用の電話番号をお渡しし、お客様の社名で応対します。新たな市場進出時に仕事の拠点が必要になった時、電話応対や郵便物の取り扱いをアウトソースしたい時に最適なサービスです。

■ビジネスワールド(メンバーシップ プログラム):

世界2,000拠点あるリージャスのビジネスセンターのどこでも、IT環境の整ったプライベートオフィス、ビジネスラウンジ、カフェを利用できるメンバーシップ プログラムです。出張先や外出先など世界各地に拠点を持つことができます。

■会議室:

世界2,000拠点、日本国内では主要都市の駅近くビル40拠点以上に、最新の会議用設備を備えた貸し会議室を用意。少人数の研修・会議から最大120名の研修・セミナールームまで、必要に応じて利用可能です。

リージャス・グループについて

リージャス・グループは、先進的なワークプレイスを提供する世界最大の企業です。お客様が、本業のビジネスに注力するためにオフィスや仕事場をアウトソーシングして、オフィス、外出先、自宅など固定の場所にとらわれないで自由に働ける環境を提供しています。グーグル、グラクソ・スミスクライン、ノキアなどの世界的な大企業からスタートアップの個人まで、幅広い業種、事業規模のお客様が利用します。リージャスを利用するお客様の数は、世界120カ国、3,000拠点で毎日210万人に上ります。リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています

日本におけるリージャス・グループ

日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。現在、全国約80拠点、約20都市にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。

最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/を参照下さい。

センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/の送信フォームからお送りください。

リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。

公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。