Tokyo,
2015年
6月
10日
|
03:24
Asia/Tokyo

自社のマネジメント層はテレワークの活用を推奨していると思う、と回答した日本人が61%

「働き方」に関するグローバル調査 ~ “トレーニング”“IT導入”などテレワークならではのマネジメントの必要性も調査 ~

【プレスリリース、2015年6月10日】日本全国18都市、80拠点においてレンタルオフィス、シエアオフィスを運営し、新しい働き方と新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を世界100ヵ国以上、4万4,000人以上の経営者や経営幹部、マネージャー層に実施しました。

その結果、「自社のマネジメント層は、テレワークの活用を推奨していると思う」と回答した割合が、以下のようになりました。

■ 「自社のマネジメント層は、テレワークの活用を推奨していると思う」と回答した割合(主要16ヵ国抜粋)





 


グローバル平均では72%、日本では61%の回答者が「テレワークの活用を推奨していると思う」という結果が明らかになりました。こうした中、本調査では「テレワークのマネジメント」に関する回答も収集し、日本の回答者からは以下の調査結果を得ることができました。

  • 管理職に就く人は、テレワークで働くチームをマネジメントするための特別なトレーニングが必要である・・・83%
  • 管理職に就く人は、最低でも週に3~5回程度はテレワークで働く人と話す機会を持つべきである・・・80%
  • テレワークで働く人は、最低でも月に1回は上司と直接会った会議や面談をすべきである・・・78%
  • テレワークで働く人には、仕事内容や量、成果を測ることができるITシステムを導入すべきである・・・83%
  • テレワークで働く人は、仕事に費やした時間よりも仕事の成果で評価されるべきである・・・89%
  • テレワークの導入は、優秀な人材の雇用維持につながると思う・・・60%

本調査結果を受け、日本リージャス代表取締役の西岡 真吾は「『自社のマネジメント層はテレワークの活用を推奨していると思う』や『テレワークは雇用維持につながる』といったテレワークに肯定的な回答が多数を占めることから、テレワークの導入は今後も拡大していく可能性は十分にあると思われます。また、テレワークならではのマネジメントについては『特別なトレーニングが必要』や『ITシステムを導入すべき』など、その必要性が高い回答割合となって表れました。リージャス・グループのビジネスセンターは、レンタルオフィスやシエアオフィス、貸し会議室、ビジネスラウンジがIT環境やセキュリティ面でビジネスに最適な状態で整備されているため、テレワークで働く人をマネジメントする点からも最適な環境を提供できる仕事場であると推奨できます」と述べています。

以上

お知らせ
リージャス・グループは、レンタルオフィスを1日無料で体験できるキャンペーンを実施中です。
詳細はhttps://www.regus-office.jp/campaign/2015042/を参照ください。

 

フレキシブル・ワーキングとは
リージャス・グループは1989年の創業以来、“固定の場所”にとらわれない自由な働き方を推奨してきました。人に会う、アイデアを考える、生活とのバランスをとるなど様々な仕事の場面において、相応しい場所を選択することで、全体の生産性を向上させビジネスチャンスを手に入れるという考え方がフレキシブル・ワーキングです。近年、IT の進化、女性・シニアの社会進出など、今まで以上にこのような自由な働き方が注目されています。リージャスはフレキシブル・ワーキングのパイオニアとして、今後もその啓蒙に努めていきます。

共通記事

リージャス・グループのサービスについて

■レンタルオフィス:

主要駅のハイグレードビル内に快適なオフィス環境を提供しています。敷金・礼金が不要で事務機器なども完備されており、初期投資にかかるコストや時間を大幅に削減できます。オフィス開設後即入居が可能で、利用期間は1カ月から、1人部屋から100人用、共用オフィスまで豊富なプランを利用可能です。

■バーチャルオフィス(電話秘書+宅配物受け取り代行):

ビジネス一等地の適切な場所をビジネスアドレスとして利用可能です。また、専用の電話番号をお渡しし、お客様の社名で応対します。新たな市場進出時に仕事の拠点が必要になった時、電話応対や郵便物の取り扱いをアウトソースしたい時に最適なサービスです。

■ビジネスワールド(メンバーシップ プログラム):

世界2,000拠点あるリージャスのビジネスセンターのどこでも、IT環境の整ったプライベートオフィス、ビジネスラウンジ、カフェを利用できるメンバーシップ プログラムです。出張先や外出先など世界各地に拠点を持つことができます。

■会議室:

世界2,000拠点、日本国内では主要都市の駅近くビル40拠点以上に、最新の会議用設備を備えた貸し会議室を用意。少人数の研修・会議から最大120名の研修・セミナールームまで、必要に応じて利用可能です。

リージャス・グループについて

リージャス・グループは、先進的なワークプレイスを提供する世界最大の企業です。お客様が、本業のビジネスに注力するためにオフィスや仕事場をアウトソーシングして、オフィス、外出先、自宅など固定の場所にとらわれないで自由に働ける環境を提供しています。グーグル、グラクソ・スミスクライン、ノキアなどの世界的な大企業からスタートアップの個人まで、幅広い業種、事業規模のお客様が利用します。リージャスを利用するお客様の数は、世界120カ国、3,000拠点で毎日210万人に上ります。リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています

日本におけるリージャス・グループ

日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。現在、全国約80拠点、約20都市にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。

最新の国内拠点住所情報一覧はhttps://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/を参照下さい。

センターについてのお問い合わせについても、https://www.regus-office.jp/lp/rentaloffice_01PR/の送信フォームからお送りください。

リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。

公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。